値引き交渉失敗!?募る不信感・・・しかし時は動き出す!!

なんか意味深なタイトルになりましたが(´・ω・`)
続きです。

認印を取りに実家に戻り
いざ、書類に記載しようとすると
鳥居さんがいきなりこう言い放ちます。

鳥居さん「スイマセン。
待っている間に売主に電話したのですが
80万の値引きはダメでした。」

夫婦「!!?」

鳥居さん「値引きをされる場合は
一番目の方になるそうです」

…ここで、不信感が一気に沸きます。

いや!だったら自分たちがいる
目の前で電話で確認してよ!!
最初は80万値引きOKって
言ったやん!!
…とは言えず(ノД`)・゜・。

Mee「…そうですかぁ」

鳥居さん「どうされますか?」

いざ契約しようとしたときに
この仕打ちは酷いと思いましたが
とりあえず、申込書と仮審査2つの
書類を記入し終え実家へ。

両親には値引きがダメだった事を伝え
(認印取りに行った時には80万
値引き出来た事も伝えてたのに…)

さらに夫婦の間でも
値引き出来なかったのに本当に
そのまま申し込んで良かったのか???
を議論しながら帰路につきました。www

それから2日後に
鳥居さんから電話が入ります。

鳥居さん「地銀の事前審査が
無事に通りましたので
地銀で進めさせて頂きたいと思います。」

Mee「おぉ!通って良かったです。」

鳥居さん「それから、
1番目の申込者の方が取り下げられましたので
2番目だったMeeさんが1番目となりました。」

Mee「あ?そうなんですか???
…良かったです」

本当に確認とったの???
って疑いましたw

鳥居さん「あと、別の不動産経由で
3番目…Meeさんの次となるので
新しい2番目の方の申込者が
既におられますこともお伝えしておきます。」

Mee「えぇ!??
そうなんですかぁ???
はぁ…わかりましたぁ」

何故に、そのことを伝える!?
と(心の中で)突っ込みます。

※補足

要は焦らせて契約までの間に
心変わりするのを
防ぐためだと推測されます。

鳥居さん「先日、お伝えした日程で
話を進める事になりますので
よろしくお願いいたします。」

Mee「わかりました。」

日程は仮審査申込の際に
聞かされていました。
予定通りに行く場合は
3日後に本契約、
さらに次の日に本審査と
かなりタイトな日程を組まれました 汗

※補足

もう日付を明かしますが
この時点で10月11日でした。

スケジュールとして
売買契約を10月14日
地銀のローン本審査申込が10月15日
という流れです。

更に鍵の引き渡しまでを10月中に
終わらせたいという
完全に向こう都合の
超タイトスケジュールでした。
(そのために会社有給使ったし(´・ω・`))

正直、この時点で
鳥居さんに対して不信感は凄かったですが、
…なんかもう流されるまま
話は進むことになります(;´∀`)

鳥居さん「それでは手付金の準備の程
よろしくお願いいたします。」

Mee「…わかりましたぁ」

手付金は仮審査申込みの際に
提示された固定額で
事前知識として調べていた
10%とか20%ではありませんでした。

※補足

この手付金は要はお互いが
「契約を勝手に取りやめない」目的の為に
支払う物のようです。
(詳細は売買契約の記事の時に書きます)

金額に関しては
多少の融通は利くのだと思いますが
今回は不動産屋(鳥居)さんが言われた額を
少ないながらも定期で貯めていた分から
ねん出して準備しました。
(たぶん準備できるMAXの額から
提示されたのだと思いますが…)

…こんな感じで急に
家を購入する流れとなり
自分たちのペースでまったりとした流れでなく
売主や仲介者などの第三者を交え
慌ただしく時が動き出すこととなります。

一応「購入前の出来事」編は
これで終わりです。

以降は「購入中の出来事」編として
書きますが…内容は変わりはないですw
あと、次回はちょっと話逸れます。

ブログランキング
////////////////////////////////////////////////
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする