エアコンの移設(取り付け編)

取り外し時に内部にカビが生えていることを指摘され
内部清掃をお願いした為に取り付け日時が
少し遅くなったエアコンだったのですが、
取り付け予定日の時間通りに業者が来られました。

取り外し時には2名だったのですが
今度は1人、更に取り外しに来られた方とは別の方でした。
(人数は手間的に逆な気がしますが…)

まずは取り付け場所を確認し、
室外機の置く場所も確認。
自分が室外機を置きたかった場所は
壁面を曲げて…と提案したのですが
色々理由を付けられ却下され
そのまま下に伸ばす形となりました(^_^;)

で、木造建築の穴あけは
パックに含まれているのですが
スリーブ処理しますか?と聞かれます。
(スリーブ=プラスチックの管の事)
…え?そこはパックに入っていないの???
と尋ねると入っていないとの事。

さらに発泡ウレタン処理は
どうされるのか聞かれます。
ウレタン処理???と判らなかったので詳細を聞くと
穴空けした壁の隙間を
ウレタンで埋める処理だそうで、
気密性を高めるのだとか…。

賃貸時はスリーブは普通に処理されていたので
穴あけ=スリーブ込みだと思っていたのですが、
スリーブしないと本当に穴開けてホース通すだけ???
…それはありえないなぁ…と
渋々両方処置してもらうことにしました。

つまり、パック料金とは別に

「内部清掃台+スリーブ代+発泡ウレタン処理代」

と合計5万を超える料金が掛かりました。
(※これ書いている時点で正確な金額は失念。
領収書を見つけ次第正確な金額を書きます。)
本当にパック料金はお得だったのでしょうか???

アンテナ工事同様、悔しくて
後ろでずっと処理を見ていましたがwww
その間に色々その方とお話出来て
先ほどの疑問の「パックは本当にお得なのか?」と聞くと
ホース+化粧カバーと付けると
(パックじゃないと)もっと料金掛かっているとの事でした(^_^;)

また、エアコン設置の業界について色々聞けました。
昔の町の電気屋はエアコン設置だけで羽振りが良かっただとか、
家電量販店の○○(特定は控えます)の業者は
夏の繁盛期はバイト使っているから技術的にあまり上手くないとか、
今回の業者は元々サカイから分かれた会社で
請負はサカイからのみ…だとか

ちなみにプライベートで友人とかから
エアコンの取り付けお願いされる事ってないんですか?
って聞いたら、たまにあるけどメンドイから断っているそうですw

自分の場合も職種的に、
プログラマ=パソコンに詳しい
(と実際は違うけど勝手に思われている)ので、
トラブル時には頼まれてボランティアで手助けしているから
こういう職人さんも同じなのかなぁ?
って思い聞いてみました。(^_^;)

結局、取り付けは予定されていた時間を超え、
2台で3時間弱掛かってしまいました。
(やっぱり人数は逆が正解な気が…)

仕上がりこそ満足ですが、
料金的には結局エアコン二台の移設に対し
それなりの料金が掛かっています。
(パック料金足すと10万以上)
多分、それでも新品を買うより
安いのしょう???(化粧カバー込みですし…)

まぁエアコン設置にはお金がかかるって事ですね…
いい勉強になりました。
(と自身で納得させるしかない(´・ω・`))

ブログランキング
////////////////////////////////////////////////
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする